2018.05.28犬との暮らし・生活 , 犬のお役立ち情報

ザギトワ選手に秋田犬贈呈。秋田犬の歴史・特徴・飼い方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

秋田犬について

日本犬の中でも唯一の大型犬として知られている秋田犬はそのもふもふの身体つきから人気のある犬種です。最近はロシアのフィギュアスケート選手に贈られる犬としても話題になりました。

 

その人気は国内にとどまらず、今や秋田犬は世界中でブームになっています。今回はそんな秋田犬の歴史や飼育についてご紹介いたします。

 

秋田犬の歴史

秋田犬は日本原産の犬種で国の天然記念物にも指定されています。名前の通り、秋田県で繁殖されていた犬であり、奥羽山脈一帯で猟犬として活躍していた犬種であり、主人に忠実な犬種として有名です。

 

「秋田マタギ犬」という中型~大型の犬が祖先であったとされており、秋田県北部を中心に存在していました。その後、江戸時代から明治時代にかけて闘犬の為に品種改良が行われ、純粋な秋田犬が激減してしまいました。

 

その後大正時代に希少となった秋田犬の守り、再作出していこうという動きが活発になり、1931年に天然記念物に指定されました。戦争の際はまた数が減少してしまいますが、戦後に固定化され、ある一定頭数を確保することができるようになりました。

 

秋田犬は日本の物語の題材としてもたびたび登場しており、一番有名なのは「忠犬ハチ公」です。その他にも映画やテレビの特集などでも登場する犬種ですので、ポピュラーな存在です。

 

現在は秋田県を中心に家庭犬として愛好家の多い犬ですが、一部の自治体では「特定犬」に指定されており、規定の檻の中での飼育が義務づけられています。

 

秋田犬について:特徴・性格

秋田犬は大型犬であり、体長は体高に比べて長めであり、長い脚とがっしりとした身体つきが特徴です。体毛はダブルコートで耐寒性に優れており、下毛は密度が高く、上毛は固い毛質をしています。毛色は全部で5種類存在しており、赤、白、虎、黒、胡麻になりますが、黒と胡麻は現在絶滅状態にあります。

 

闘犬として重用されてきた歴史から身体能力も高く、1日山中で活動できるスタミナを保持していて、力も強いです。
三角のたち耳、ふさふさの豊かな巻尾等スピッツ系の特徴も有しています。

 

販売価格は20万円前後であり、虎は25万円前後と少し高い傾向にあります。

 

性格は勇敢で飼い主に絶対服従である高い忠誠心を持った犬種です。飼い主とその家族に対しては守ろうと積極的に行動し、愛情深く接するので面倒見も良く、子供ともふれあうことができます。

 

しかし、闘犬や番犬として活躍してきた歴史から外部の人に対する警戒心は高い方で、見知らぬ相手には攻撃に転じることもありますので幼少期からしっかりとしつけを行う必要があります。

 

また大変力が強く、特に雄は瞬発力がすごいので力の弱いお年寄りや子供、女性はコントロールしきれない可能性もあり、飼育を検討するときに誰が散歩させるかなど家族で明確に計画を立ててから購入することが望ましいです。

 

飼い主に対する忠誠心が高いので、飲み込みが速くしつけは入りやすいですが一方で飽きやすい面もあるので、短時間で集中してしつけるのがベストです。

 

幼少期からしつけをしっかり行えば外部の人に対しても警戒心なく温和に接することができますが、フレンドリーに甘えたりはせず冷静に接する子が多いです。自己判断能力が高い犬種で、飼い主の望んでいることを把握してその期待に応えようとする一途さがありますので、寄り添うパートナーとしては最良の存在になります。

 

また、番犬としては大変優秀な犬種ですので、防犯の目的で飼育するのであれば高い護衛能力を発揮してくれるでしょう。

多頭飼いをする場合には小型犬など身体が小さい犬は別々の部屋で飼育するなど居住スペースを分けた方が安全です。兄弟犬や同種に対しては温和に接することが多いので小さいうちから一緒に飼育すれば仲良く飼育することが可能です。

 

秋田犬について:推奨される飼育環境

秋田犬は自治体によっては「特定犬」に指定されている可能性があり、その場合その規定に基づいた檻やゲージで飼育しなくてはなりません。秋田犬を飼育する前にお住いの自治体の規定を確認するようにしましょう。

 

さらには、番犬として長年飼育されてきた歴史があり、屋外を中心に飼育されてきました。そのため屋外飼育でも適応できる能力を持っていますが、可能なかぎり屋内で飼育することが望ましいです。

 

力の強い犬種になりますので、屋内、またはその近くに専用の頑丈なケージを設置して、秋田犬が安心して過ごせるスペースを用意してあげましょう。ケージの設置場所はなるべく飼い主の姿がみえる場所に設置してあげると安心して過ごすことができます。一人きりに隔離されてしまうと、不安から無駄吠えや落ち着きがなくなり、破壊行動を起こす危険があり、注意が必要です。

 

また、秋田犬は散歩の際もひっぱる力が強いので注意が必要です。秋田犬を散歩する際には太いリードを使用し、首輪も革製のしっかりしたタイプを選びましょう。布製の首輪は秋田犬が破壊してしまったり、首輪の部品を誤飲してしまう可能性もありますのでオススメしません。力に自信のない方は散歩を控え、さらにはチョークチェーンなどを使用して、首輪・リードを二重につけるなどの脱走防止を徹底しましょう。

 

リーダーである飼い主が毎日散歩をすることでより絆が深まり、犬も安心して落ち着いた状態で散歩できますので、飼い主主体に散歩を行うことが推奨されます。

 

また、運動量の多い犬種になるので、若い年齢の時は最低でも1日2回2時間以上散歩してあげると良いでしょう。骨格が太い分、将来的に股関節形成不全や関節炎などの疾患が出やすい犬種ですのでカルシウムのサプリを与えたり、関節ケアを中心としたフードを与えると効果的です。

秋田犬について:かかりやすい病気

秋田犬に発症しやすい疾患をまとめました。もし、愛犬に少しでも異常があった際には獣医師の診察を受けるようにします。

・股関節形成不全

遺伝的な要因が多い疾患ですが、大型犬に発症しやすい股関節の異常がおきる疾患です。主な症状は歩行異常、脚を引きずる、元気がない、関節の炎症などがみられます。症状が進行すると、関節の炎症による痛み、発熱や嘔吐などの症状もみられます。

 

幼少期に発症した場合は、無症状のことがほとんどで、経過観察で大丈夫な場合が多いですが、シニア期など免疫力が低下すると関節炎が慢性化する場合があります。

 

主な治療方法は発症した症状を投薬によって緩和させる対処療法になりますが、歩行異常などが強く、日常生活に支障をきたす場合には外科手術などを等を施すこともあります。

 

予防法としては遺伝性の強い疾患ですので、購入の前に血縁に股関節形成不全の個体がいないかチェックしてから購入するようにしましょう。

・皮膚疾患

秋田犬は被毛が密集しているため皮膚疾患がおきやすい犬種でもあります。定期的にブラッシングを行い被毛に空気を入れて、を換気することでよぼうすることができます。

 

皮膚疾患の原因は様々ですが、一番多いのはシャンプーのすすぎ残しや生乾きの状態になることにより、被毛が群れて菌が繁殖してしまい炎症が起きてしまうマラセチア皮膚炎などが代表的です。

 

主な症状はかゆみ、脱毛、炎症部分の出血などがあげられます。症状が悪化すると掻き壊しによる二次感染をおこし、内臓まで炎症が行ってしまい、発熱・嘔吐、下痢、神経症状など重篤化するケースがあるので早め早めの対処が必要です。

 

主な治療方法は炎症を起こしている菌を特定して、抗菌剤による投薬や薬浴を行い皮膚の改善をはかります。かゆみがひどい場合にはステロイドを用いて症状を緩和しながら治療を行うことになりますので、獣医師の指示をしっかり把握して対処します。

 

>秋田犬がかかりやすい病気は?日々の健康チェックについて紹介

 

秋田犬について:まとめ

世界中でも人気の日本を代表する犬種、秋田犬について紹介させていただきました。秋田犬は飼い主に一途であり、とても仲間想いの犬種です。

 

家族の良き一員として一緒に過ごしてくれるパートナーにするには最適の犬種では「ないでしょうか?その豊かな被毛はさわり心地抜群で、癒し効果も高い犬種ですよ。

 

こちらの記事を参考に秋田犬に興味を持ていただければ幸いです。

 

ザギトワ選手に秋田犬贈呈

平昌冬季五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手に秋田犬の子犬を贈呈した。(2018.5.26)

>記事はこちらから...

贈呈された秋田犬の子犬を抱き、笑顔のアリーナ・ザギトワ選手=26日、モスクワ(共同)

 

~愛犬の健康を一番に考えたフード~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
ボックス工業株式会社 ​「社会の明るい未来を創造する」 ​我々は地球環境・地域の様々な問題に直面し社会に貢献する事業を行います。 https://www.box-industry.info/