2018.06.07犬との暮らし・生活 , 犬のお役立ち情報

チワワの飼い方について・特徴・歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チワワの飼育について:はじめに

チワワは日本では人気の犬種であり、ペットショップでみかけることが最も多いポピュラーな犬です。世界最小の犬として知られているチワワは、その小ささゆえに賃貸などでも飼育がしやすく一人暮らしでも飼いやすい犬種です。

 

性格も明るく飼い主に対して忠誠心が強いことからも、愛玩犬として需要があります。今回はこちらのチワワの飼育について歴史などに触れつつ紹介させていただきます。

 

チワワの飼育について:歴史

チワワはメキシコ原産の犬で、北アメリカにおいて最も古い犬種です。紀元前のアステカ文明にもチワワの祖先犬と思われる犬の存在が記述されており、その祖先犬はテチチと呼ばれていました。テチチはアステカ文明の王族により、儀式用の生贄として飼育されていた犬種です王族の墓から一緒に埋葬されたと思われるテチチの骨が見つかっています。

 

日本でチワワが有名になったのは2001年に放送されたCMがきっかけでした。そのつぶらな瞳と身体の小ささから爆発的な人気になり、2006年の登録頭数はダックスフンドに次ぎ2位になりました。

 

しかし人気が高まったことにより、一部の悪質なブリーダーによる無理な交配がすすめられ、奇形児や先天性の疾患を持つ個体が増加したことが問題視されるようになりました。現在はそのような点を反省した上でブームは沈静化し、計画的に繁殖をすることで健康なチワワを迎えることができるようになりました。

犬の食事(食事の与え方)なんでも相談室 悩みをズバッと解決!

 

チワワの飼育について:特徴・性格

チワワは世界最小の犬として知られており、その身体は3kg以下であることが多いです。毛色は多種多様であり、ブラック、ホワイトまた目の上にポイントがある2色で構成されたブラックタン・チョコタン等が存在します。

 

また毛質は、ロングと短毛種であるスムースに分けることができ、毛質によって多少の性格の違いがあります。チワワの最大の特徴はアップルドームと呼ばれる丸みを帯びた頭部であり、マズル部分は短く詰まっています。瞳が大きく、涙量も多いので、将来的に眼病に配慮する必要があります。

 

チワワはその身体の小さとは対照的に物怖じしない性格で、自分よりも身体の大きな相手に立ち向かう勇敢さをもっています。飼い主に一途であり、愛情深く従順に行動しますが、外部の人に対しては攻撃的になる場合があります。一度家族と認めた存在には愛情深く守ろうとしますが、誰にでもフレンドリーに打ち解ける性格ではありません。

 

そのため、幼少期からのしつけと社会化は必須であり、怠ると噛み癖のある攻撃的な性格になるので注意が必要です。
飼い主に忠実ですので信頼関係を築くことができればしつけは入りやすく、賢いです。飼い主に依存する傾向にあり、お留守番などが苦手な子もいますので幼少期から少しずつ慣らすようにしていきましょう。また同種に対しては、一度仲間と認めると献身的に相手に接するため多頭飼いにも向いている犬種です。

 

当初チワワはスムースタイプのものしか存在しておらず、スムースタイプのチワワは行動的で独立心が強い個体が多いです。我慢強く、好奇心旺盛で陽気な性格なので、一人暮らしの方にもおすすめです。ロングコートのチワワはより家庭犬向きに後から作出された毛質でスムースコートのチワワに比べるとおおらかで大人しい個体が多い傾向にあります。多頭飼いにもおすすめで、小さな子供のいる家庭の飼育に向いています。

 

チワワの飼育について:推奨される飼育環境

チワワは完全室内飼育が推奨されます。チワワは小型犬のため、温度管理が苦手ですので空調のきいた室内で飼育するようしましょう。特に冬の寒さは、対策を怠ると低体温症になる危険性もあるので、服などを着せて対応しましょう。
しかし個体によっては服を破壊して繊維を誤飲してしまうこともあるので愛犬の様子を見ながら対応すると良いです。
ヒーターなどを使用する場合は、全面に敷いてしまうとチワワが低温火傷してしまうことがあので、一部逃げ場を設けます。

 

チワワは毛色によって値段に違いがありますが、20万円~30万円前後で購入することができます。特に親犬がチャンピオン犬だったりすると血統が良くなり、割高になる傾向にあります。先天性の疾患がでやすい犬種でもありますので、信頼できる販売元から購入することが重要です。

 

また、小型犬用のベットや毛布を好んで使用することが多いので用意してあげましょう。さらにチワワは意外と行動的で屋外で遊ぶことも好きですので1日1~2回30分程度散歩に連れ出し、一緒におもちゃで遊んであげると、コミュニケ―ションがとれストレス発散になりますので、連れていきましょう。

 

チワワの飼育について:かかりやすい病気

チワワがかかりやすい病気についてまとめました。少しでも異常がみられた場合には専門機関に受診するようにしましょう。

 

・水頭症

主に先天性の疾患で、脳髄骨液が異常に増えて脳室が広がってしまう病気です。主な症状は異常な興奮状態になる、歩行異常、急に噛みつく、発作のような神経症状等があげられます。

 

予防としては、ほとんどの場合が先天性であるため、購入前に親犬などに水頭症の疾患の個体はいないか確認してから購入することが重要です。一度発症してしまうと感知することは難しく、現れた症状に対して投薬をして対処療法を行うことになります。チワワ特有のアップルドームの経常故に起こりやすい病気ともいえます。

 

・膝蓋骨脱臼

膝部分のお皿の関節が脱臼してしまう疾患です。初期は自覚症状はほとんどなく、悪化すると歩行不全、関節の痛み、発熱などの症状があらわれます。一度外れてしまうと、自然に戻ることも多いですが、再発しやすくなるので経過観察することが重要です。痛みなどの症状がある場合には投薬を行い症状を緩和させ対処します。

 

・僧帽弁閉鎖不全症

シニアなどの体力が低下してくると、僧帽弁の変形により心臓で血液が一部逆流してしまう病気です。
症状が悪化すると、肺に水がたまる肺水腫の状態になり、呼吸困難に陥り死に至ります。

 

一度発症してしまうと完治することがない病気ですので、獣医師と相談の上投薬を継続することになります。
免疫力が低下すると症状がでやすくなりますので、日々の食生活から健康に気を付けて過ごしましょう。

 

>よくある病気と事故・緊急事態

 

◆チワワの飼育について:まとめ

人気犬種、チワワについてご紹介させていただきました。ペットショップでも購入しやすい犬種で、毛色も豊富ですので選択の幅がたくさんあるのも魅力的です。スムースタイプとロングタイプの2種類がいるので自分好みの子を飼育することができます。また、遊び好きで一緒に外出を楽しむこともできますのでおすすめです。

 

~愛犬の健康を一番に考えたフード~

愛犬の健康を一番に考えたこだわりのフード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
ボックス工業株式会社 ​「社会の明るい未来を創造する」 ​我々は地球環境・地域の様々な問題に直面し社会に貢献する事業を行います。 https://www.box-industry.info/