2018.08.03犬との暮らし・生活 , 犬のお役立ち情報 , 犬の健康

愛犬が便秘をしていたら?〜犬の便秘の原因・効果的なマッサージなどをご紹介〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬が便秘をしていたら?〜犬の便秘の原因・効果的なマッサージなどをご紹介〜

はじめに

普段毎日出ているわんちゃんのウンチが、1日でも出ない日があると心配になりますね。便秘の期間が長引く場合には、病気の可能性もあるので注意しましょう。便通は毎日のことなので、飼い主としてしっかりとした知識を持っていると安心です。

そこで今回は、犬の便秘について原因や効果的なマッサージなどを含めて解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

犬の便秘とは?

犬の便秘とは、一般的に2日以上便が出ない状態が続いた場合と考えましょう。犬は通常、1日に1〜3回くらい排便します。そのため、特に思い当たるようなことがなく3日以上愛犬の排便がない状態が続くようであれば、すぐに動物病院へ連れて行くことをオススメします。

 

犬の便秘の原因

わんちゃんの便秘にはどのような原因があるのでしょうか?犬の便秘の原因について、代表的なものをご紹介します。

運動不足

わんちゃんが便秘になってしまう原因として、運動不足という点があります。愛犬が便秘がちになった時には、散歩が足りているかなど運動量を見直してみましょう。犬種によって毎日必要な運動量は異なるので、特に活発な犬種は散歩時間なども気にかけてあげてください。

ストレス

犬は意外にもストレスを感じやすい動物です。そのため、生活全般での環境の変化に対してストレスを感じ、便秘になってしまうこともあります。

水分不足

便秘とはそもそも、腸内の水分が不足することで排便が滞り起きています。水入れや給水器が飲みにくくないか確認し、愛犬がいつでも給水できるようにしてあげましょう。

食事

便は食べたものからできているため、犬の便秘には食事が大きく関わっています。そのため、フードを変えたりいつもと違うものを食べたりといった食事の変化がないか、見直してみましょう。また、犬が消化しにくい成分や添加物が入ったドッグフードにも注意が必要です。

愛犬が便秘をしていたら?〜犬の便秘の原因・効果的なマッサージなどをご紹介〜

便秘が伴う犬の病気

便秘の症状の中には、病気の危険が潜んでいるものもあるため注意が必要です。便秘以外にもぐったりとして元気がない、吐いたなどの症状がある場合には、すぐに動物病院へ連れて行くことをオススメします。病気による便秘では、原因となる病気の治療と排便を促す措置が行われます。

腸閉塞

誤飲誤食により、腸が詰まることで便秘を引き起こしていることがあります。実際に、小型犬が飼い主さんのヘアゴムを飲み込んでしまい、腸閉塞になってしまったケースもあるので注意しましょう。

前立腺肥大

去勢をしていないオスの場合、前立腺が肥大することで腸が圧迫され、便秘に繋がるケースがあります。

肛門周りの炎症

肛門周りに炎症や傷があると、排便時に痛むことから便秘に繋がっていることがあります。犬が排便を避けているうちに、腸内環境が悪化して便秘が長引くこともあるため注意しましょう。

便秘を予防するには?

犬の便秘は繰り返しやすく、腸内環境が悪いことが考えられます。そのため、愛犬が便秘を繰り返すようであれば、腸内環境を良くするために善玉菌を増やすようにしましょう。善玉菌を増やすためには、乳酸菌・ビフィズス菌・オリゴ糖などを積極的に摂ることがオススメです。

 

最近では犬用のサプリメントの販売も多いため、愛犬の健康のために取り入れてみてはいかがでしょうか?便秘は犬の体質によるものもあるため、子犬や若いうちからサプリメントなどで対策することで、愛犬の健康管理にもなります。

 

もちろん、シニア犬ではさらに健康に対する配慮が必要となります。

愛犬が便秘をしていたら?〜犬の便秘の原因・効果的なマッサージなどをご紹介〜

 

犬の便秘に効果的なマッサージ

愛犬が便秘がちな時に、自宅でできる効果的なマッサージをご紹介します。わんちゃんのへその周辺に便秘に効果的なツボがあるため、温めた手で優しくへその周りを時計回りにくるくると撫でてあげましょう。この時、わんちゃんがリラックスしていることと、優しく温めるように撫でてあげるのがポイントです。

シニア犬の便秘に効果的

犬も歳を重ねると、全身の筋力の低下や体の変化によって便秘になってしまうことがあります。シニア期は、食事量・運動量・給水量などさまざまなものが低下して、特に便秘を引き起こしやすい状態といえます。そのため、シニア犬には飼い主さんがお腹をマッサージしてあげると効果的です。ただ、シニア犬の場合には病気による便秘の可能性がないか、きちんと確認しましょう。

まとめ

犬の便秘について、原因や効果的なマッサージなどを含めて解説しました。いかがだったでしょうか?スムーズに排便ができないと、わんちゃんも不快な状態で飼い主さんも心配ですね。特に、犬の便秘には病気が関係していることがあるため注意しましょう。便通がいつもと違う、元気がないなどの様子が見られた時には、動物病院へ連れて行くことをオススメします。

便秘の原因が病気ではない場合には、自宅でお腹のマッサージをしてあげるのもいいですね。
ぜひ参考にしてみてください。

 

~愛犬の健康を一番に考えたフード~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
ボックス工業株式会社 ​「社会の明るい未来を創造する」 ​我々は地球環境・地域の様々な問題に直面し社会に貢献する事業を行います。 https://www.box-industry.info/