2018.03.01犬のお役立ち情報 , 犬のしつけ

犬の伏せはしつけの上で大切?覚えると便利な伏せの教え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

犬のしつけで最もポピュラーなものは何でしょうか?おそらく多くの飼い主が「おすわり」もしくは「お手」と答えると思います。それでは、「伏せ」はどうでしょうか?おすわりやお手に比べると、しっかり覚えている犬が比較的少ないコマンドです。

 

今回は、「伏せ」の重要性と教え方、また合わせて教えておくと役立つしつけをご紹介します。

 

「伏せ」によって期待できる3つの効果

 

犬に伏せを教えることで、飼い主と犬の両方にとって良い効果が期待できます。

ここでは伏せによって起こる3つの効果をご紹介します。

 

【1】犬の興奮を静められる

もともと犬は野生の本能で、気持ちを落ち着ける際に座ったり伏せたりする習性を持っています。落ち着いてほしい場面では、伏せを命じましょう。

 

【2】思わぬ事故を防ぐことができる

伏せは、おすわりなどに比べて立ち上がりに多少時間がかかる体勢です。そのため、室内での拾い食いや、他の犬への飛びかかりを防止するためにはとても有効なコマンドといえるでしょう。飼い主が危険を察知した際にすかさず「伏せ」をさせることで、犬同士の喧嘩や誤飲を防げます。

 

【3】他のしつけが入りやすくなる

飼い主を見上げる体勢になる伏せは、犬にとって服従のポーズです。上下関係を決めることで精神的に安定するのが犬の本能。しっかりと伏せを覚えた犬は、飼い主が命ずる他の指示にも従順に対応できます。

 

愛犬がリラックスして暮らすために、伏せはとても重要な役割を持っているのです。

 

伏せの教え方

伏せを教えるためには、ある程度の信頼関係が必要です。まずは基本のしつけである「おすわり」と「お手」をしっかりと覚えさせましょう。ここでは、犬の伏せの教え方を2つご紹介します。

 

おやつを使って誘導する方法

小さくカットしたおやつを指先で持ち、犬の鼻先にかかげます。そのおやつに犬が興味を持ったら、「伏せ」と声をかけながら手を床に着くくらいまでまっすぐおろしましょう。すると、犬はおやつにつられて自然と伏せの体勢をとります。(頭だけ低くしておしりが高い位置にある場合は、空いている方の手でおしりを軽く押してください)

 

伏せの体勢をとったらすかさずおやつを与え、おおげさに褒めてあげましょう。

 

お手の姿勢から伏せをうながす方法

まずは犬をおすわりの状態にさせておき、「お手」と声をかけましょう。犬がお手をしたら、すかさずその手を優しく握り、軽く手前(やや下向き)にズズズと引っ張ります。そして片方の手の甲で、首の後ろを軽く手前に押し「伏せ」と声をかけてください。

 

ただし、「おすわり=伏せ」だと犬が勘違いしないよう、声をかけるタイミングには注意しましょう。犬が伏せの体勢をとったらすかさずおやつを与えて、おおげさに褒めてあげください。

 

どちらの方法でも、最終的なご褒美は「おやつではなく褒め言葉」です。どのようなときでも愛犬が飼い主の指示に従えるよう、反復練習を行いましょう。そのときに使用するおやつは、除々に与える回数を減らしていくように

してくださいね。

 

伏せと合わせて教えたいしつけ

伏せを教えることで、犬が覚えられるコマンドは増えます。

 

犬に伏せを教えたら、次は「待て」のしつけを行いましょう。どれだけスムーズに伏せができたとしても、すぐに動いてしまうとあまり意味がありません。伏せの効果を最大限に発揮するためにも、「伏せ」と「待て」はセットで教えてくださいね。

 

おわりに

今回は、犬のしつけで便利な「伏せ」についてご紹介しました。

おすわりやお手に比べると、難易度が高いと思われがちな「伏せ」ですが、実際にしつけると案外すんなり覚えてもらえます。伏せは、正しい教え方をすればどのような犬でも習得できるコマンドです。また、一緒に暮らしている犬に「伏せ」を覚えてもらうことで、ご近所トラブルや思わぬ事故も防げます。

 

愛犬がよりリラックスして暮らせるよう、ぜひ「伏せ」を教えてはいかがでしょうか。

 

~愛犬の健康を一番に考えたフード~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
ボックス工業株式会社 ​「社会の明るい未来を創造する」 ​我々は地球環境・地域の様々な問題に直面し社会に貢献する事業を行います。 https://www.box-industry.info/