2018.09.04犬との暮らし・生活 , 犬のお役立ち情報

犬は鏡を理解している? 鏡を見たときの犬の反応や心理を詳しくご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬は鏡を理解している? 鏡を見たときの犬の反応や心理を詳しくご紹介

はじめに

犬と暮らす方の中には、犬が鏡を理解しているのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか?人間の赤ちゃんは1歳半~2歳ごろになると、鏡に映った自分を自分だと理解できるようになるそうです。犬も、家の中や散歩中に鏡に向き合うことがありますね。鏡を見たときの反応は犬によってさまざまです。

そこで今回は、犬が鏡を理解しているか、また、鏡を見たときの犬の反応や心理について詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

犬は鏡を理解している?

鏡に映った自分を見て、それが自分だと認識することを鏡像認知といいます。現在のところ、犬には鏡像認知が難しいといわれています。他の動物では、イルカやゾウなどは鏡を見て自分の姿と理解できることがわかっています。

鏡を見たときの犬の反応

鏡を見たときに、犬が見せる反応について犬の心理を交えてご紹介します。飼い主さんからすると、愛犬が鏡を前にして見せる行動はちょっとかわいいなと思いますよね。どんな気持ちなのかみていきましょう。

・吠える

犬が初めて鏡を前にすると、吠えるといった反応を見せることが少なくありません。これは多くの場合で、鏡に映っているのが別の犬だと思っているからと考えられます。また、別の犬が急に現れたため驚いて吠えていることもあるでしょう。通常だと、臭いや音があるので別の犬が近づいてくることがわかるのに、鏡の場合は急に別の犬が現れる状況だからです。視覚より嗅覚・聴覚が発達している犬にとっては、鏡はとても不思議な存在かもしれませんね。

・鏡に飛びかかる

犬の中には、鏡に映っているのが別の犬だと思い、遊ぼうと飛びかかる子もいます。特に子犬の場合には、怖がらずにじゃれ合おうとしてすぐに飛びかかりがちです。飛びかかっても触れることができないので、次第にあれ?といった表情を見せるようになるでしょう。

・不思議そうに見つめる

犬によっては鏡に興味を示すものの、不思議そうに覗き込んで映っている自分を見つめるという犬もいます。この反応も警戒心の表れといえるでしょう。犬の性格によっては怖くても吠えない子もいます。吠えないからといって、怖がっていないと思うのはやめましょう。

また、不思議そうに見つめているのは、姿は見えるのに臭いがしないことに違和感を感じているともいえます。犬なりに状況を把握しようと考えている状態です。

・恥ずかしそうに目をそらす

鏡を見せると、恥ずかしそうに目をそらすという反応をする犬がいます。鏡に映っているのが自分だと分かっていて、鏡を見るのが恥ずかしいのかなと感じる方もいるでしょう。ただ、この反応は見えている犬に対して、「敵意がない」という意思表示をしていると考えられます。特に、普段別の犬が来ると怖がったり逃げたりする子の場合は、こういった行動をとることが多いです。

・無反応

鏡を見せても無反応な犬もいます。これは、犬が情報を収集する上で嗅覚や聴覚を使っているため、臭いがなく音もしない鏡に対して興味がないという心理状態が考えられます。何度か鏡を見たことがある犬の場合は、鏡に無反応になっていくことが多いでしょう。

・鏡の裏側にいこうとする

知能の高い犬では、鏡の裏側を気にする子がいます。こういった行動をする犬は少ないため、愛犬が鏡の裏側を気にしなくても心配はいりません。逆に愛犬が鏡の裏側を気にしたら、とても知能が高いといえます。

鏡に慣れることは可能

犬は鏡像認知ができないものの、何度か経験を積むことで鏡に慣れるということは可能です。最初は、別の犬だと思って吠えたり警戒したりしていても、何度か繰り返すことで臭いがないことや触れることができないことに気づくでしょう。

見えている犬が自分だと認識することはできなくても、自分に向かってこないと分かって吠えなくなり、気にしなくなることも多いです。そのため、何度か落ち着いて愛犬に鏡を見せることで慣れさせることは可能といえます。

鏡を見るとストレスを感じる犬もいる

何度か繰り返し見せることで、鏡に慣れさせることは可能ですが、個体差があります。そのため、慣れさせようと繰り返し見せてもなかなかうまくいかない子がいることも覚えておいてください。何度も見せたことが逆効果となり、極端に怖がるようになることがあるため、注意しましょう。特に、鏡を見ると粗相をしてしまうなどの反応がある場合は、無理に慣れさせないようとしないでください。

>力まかせはNG!犬が喜ぶ撫で方と正しい触り方のポイント4つ

まとめ

犬が鏡を理解しているか、鏡を見たときの犬の反応や心理について詳しくご紹介しました。いかがだったでしょうか?

鏡に向かって吠えたり、飛びかかったりするのは私たち人間からすると微笑ましい行動に見えますね。犬は鏡に映っているのが自分だと認識することは難しいものの、何回か鏡を繰り返し見ることで学習し、自分にとって危険がないと分かれば吠えなくなったり警戒しなくなったりします。

愛犬が鏡に吠えていても、焦らずに少しずつ慣れさせてあげましょう。 愛犬の様子をみながら無理のないように行うことが大切です。

ぜひ参考にしてみてください。

~愛犬の健康を一番に考えたフード~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
ボックス工業株式会社 ​「社会の明るい未来を創造する」 ​我々は地球環境・地域の様々な問題に直面し社会に貢献する事業を行います。 https://www.box-industry.info/